CLS W218 プレセーフ機能警告灯点灯

ホームページからお問い合わせいただきました
CLS W218の警告表示が出てしまうといった案件です。

表示されてしまう警告はと言いますと・・・



です。

うーんなるほど・・・と思いながら、XENTRYにて診断開始。

警告表示をさせてしまう原因が下記の2つのエラーです。



ですね。

シートベルトのエラーに関しては、プリテンショナーを交換したか何かを行った様子ですね。
レーダーセンサに関しては、前側のセンサーが右に向きすぎていますよというエラー内容です。

うん。

確証はないので、明言は避けますが、事故かなにかを起こして修理をしている車両かもしれません。
お客様には確認をしていただいてます。

リアカメラも映ったり映らなかったりとしておりますので、たぶん。

お車を購入される際には、しっかりと修理がされている物をお勧め致します。
修理は可能ですが、費用が掛かってしまう修理になる可能性が高いですので。

中古車購入や、修理のご相談、お気軽にどうぞ!

関連記事

  1. BLOG

    メルセデスベンツ SLK R170 エンジン不調

    いつもご贔屓にしていただいているお客様のお車です。イロイロなメ…

  2. BLOG

    Eクラス W211 走行時ギーギー異音

    ホームページからお問い合わせいただきました。走行時や、ステアリング…

  3. BLOG

    Sクラス W222 バックアップバッテリー故障表示

    Sクラス W222のバックアップバッテリー故障表示がされるとの事でご来…

  4. BLOG

    メルセデスベンツ Eクラス W211 ヘッドライトコーティング

    ホームページからお問合せ頂き、ご来店頂きました。ヘッドライトが…

  5. BLOG

    メルセデス専用 XENTRY診断機のご紹介

    メルセデス・ベンツ専用の診断機のご紹介です。このXENTRYは…

  6. BLOG

    メルセデスベンツ W203 フロントハブベアリング交換

    走行中にうなり音が出るとの事で、お預かり致しました。試運転を実…

店舗情報

〒192-0914
東京都八王子市片倉町1919-7
営業時間:8:00~19:00

TEL:042-699-1333

お問い合わせはこちら

メルセデスベンツのお困りの事があればお気軽にお問合せ下さい!

PAGE TOP